メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ゲノム編集食品/下 生態系への影響、注視必要

ゲノム編集で作られたトマト=江面浩・筑波大学教授提供

 「ゲノム編集」技術を利用した食品については、安全性以外の懸念もある。作物や魚を育てて食べることで、環境や生態系へ影響があるとの不安だ。

 現在、遺伝子組み換え生物は生物多様性を守る「カルタヘナ法」で規制されている。環境省は昨年、外来の遺伝子を組み入れたゲノム編集の生物については、在来種と交雑し環境に影響を与える可能性があることから、「カルタヘナ法」での規制が必要と判断。一方、特定の遺伝子を切断し機能を失わせることで作った生物は規制対象外とした。

 人間は昔から、栽培して食べるのに都合が良いように、植物や動物を品種改良してきた。ジャガイモの毒を減…

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1445文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです