メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/7 地域の「受け皿」探し厳しく

昼食をとる和美さん(右)。職員の介助が絶えず必要だ=群馬県高崎市で

 ご飯と主菜、2品の副菜。ダウン症で認知症の和美さん(67)=仮名=の昼食がトレーに並ぶ。どれも、ペースト状にした食材をムースかゼリーのように固めたもの。嚥下(えんげ)機能が衰えた人向けの「介護食」だ。

 群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」では、入所者の高齢化が進む今、介護食をとる人は珍しくない。和美さん自身、5年ほど前からスプーンの上げ下げもできなくなった。

 ダウン症は先天性の遺伝子疾患で、知的障害を伴うことが多い。和美さんもその一人だ。50代で歩行器やオ…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです