メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
忘れられた高齢者

/7 地域の「受け皿」探し厳しく

昼食をとる和美さん(右)。職員の介助が絶えず必要だ=群馬県高崎市で

 ご飯と主菜、2品の副菜。ダウン症で認知症の和美さん(67)=仮名=の昼食がトレーに並ぶ。どれも、ペースト状にした食材をムースかゼリーのように固めたもの。嚥下(えんげ)機能が衰えた人向けの「介護食」だ。

 群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」では、入所者の高齢化が進む今、介護食をとる人は珍しくない。和美さん自身、5年ほど前からスプーンの上げ下げもできなくなった。

 ダウン症は先天性の遺伝子疾患で、知的障害を伴うことが多い。和美さんもその一人だ。50代で歩行器やオ…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文934文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです