メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/7 地域の「受け皿」探し厳しく

昼食をとる和美さん(右)。職員の介助が絶えず必要だ=群馬県高崎市で

 ご飯と主菜、2品の副菜。ダウン症で認知症の和美さん(67)=仮名=の昼食がトレーに並ぶ。どれも、ペースト状にした食材をムースかゼリーのように固めたもの。嚥下(えんげ)機能が衰えた人向けの「介護食」だ。

 群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」では、入所者の高齢化が進む今、介護食をとる人は珍しくない。和美さん自身、5年ほど前からスプーンの上げ下げもできなくなった。

 ダウン症は先天性の遺伝子疾患で、知的障害を伴うことが多い。和美さんもその一人だ。50代で歩行器やオ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです