メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

詐欺、改元にも便乗 埼玉・山梨など被害複数 「カード交換必要」

 5月1日の改元を前に「元号が変わるのでキャッシュカードを交換する必要がある」などとだます詐欺事件が増えている。改元に便乗した特殊詐欺の新しい手口とみられ、警察や国民生活センターが注意を呼びかけている。

 埼玉県警によると先月中旬、埼玉県上尾市の70代女性に、市役所職員を名乗る男から「還付金があるので口座を教えて」と電話があった。男の話を信じた女性が口座を開設している金融機関などを教えると、「元号が変わるのでキャッシュカードを交換する必要がある」と言われた。女性は自宅を訪れた男にキャッシュカードを渡し、現金約90万円を引き出される被害に遭ったという。

 こうした手口は埼玉県や山梨県などで、複数件確認されている。いずれも役所の職員や銀行員、保険会社の職…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです