メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

豪栄どや ご当地対決、後輩・貴景勝に意地見せた

12日目(21日、エディオンアリーナ大阪)

 横綱・白鵬は大関・栃ノ心を寄り切り、全勝で単独トップを守った。カド番の栃ノ心は星が五分になった。1敗で追う平幕・逸ノ城も朝乃山を上手投げで破った。豪栄道は大関昇進のかかる関脇・貴景勝、高安は横綱・鶴竜にそれぞれ勝ち、両大関は2敗をキープ。鶴竜は3敗目、貴景勝は4敗目を喫した。2敗は平幕の琴奨菊、碧山を含めて4人となった。

この記事は有料記事です。

残り1519文字(全文1702文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. コトバ解説 「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い
  5. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです