メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 羽生、悔しい復帰戦 SP3位、痛恨ミス

 フィギュアスケートの世界選手権は第2日の21日、さいたまスーパーアリーナで男子ショートプログラム(SP)があり、五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が右足首故障から約4カ月ぶりの実戦復帰で94・87点の3位につけた。全日本選手権3連覇の宇野昌磨(トヨタ自動車)は91・40点で6位と出遅れた。2連覇を狙うネーサン・チェン(米国)が完璧に演じきり、107・40点で首位に立った。平昌五輪代表の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は19位。

 ペアはフリーがあり、隋文静、韓聡(中国)組が合計234・84点で2年ぶり2回目の優勝を果たした。

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1227文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 「ブレーキ利かなかった」 飯塚元院長を聴取 池袋暴走事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです