秋田の海に風車500基?賛否両論 景観、漁業などに不安の声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
沿岸部の陸上に設置された風力発電用の風車=秋田県にかほ市金浦で
沿岸部の陸上に設置された風力発電用の風車=秋田県にかほ市金浦で

 秋田県の沿岸海域で、7件の大規模な洋上風力発電計画が浮上している。計画通りにすべて進むと、県北の八峰町から県央の由利本荘市の沿岸海域に最大500基以上の風車が並ぶことになる。洋上風力は国が開発を後押ししており、県も沿岸部4カ所を国指定の開発促進区域にしたい考えだ。ただ、一部住民は景観や環境面で反対し、一部漁業者も漁獲への影響を不安視している。【中村聡也】

この記事は有料記事です。

残り1677文字(全文1856文字)

あわせて読みたい

注目の特集