メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新興国株が一転急上昇 米の年内利上げ断念で投資マネー再流入

主な新興国株

 新興国の株価が今年に入って急速に回復している。年明けに米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ休止の意向を表明したことで、投資マネーが流出する懸念が後退し、再流入を始めたためだ。20日にFRBが年内の利上げを見送る見通しを示したことも追い風になるが、専門家からは「本格的な回復は中国などの実体経済の持ち直ししだいだ」との声も出ている。

 アジアや南米、中東など新興国の株価は、2018年の後半ごろから年末にかけて、軒並み大幅に下落してい…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1246文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです