メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ゴラン高原はイスラエルの主権」 トランプ氏がツイート

トランプ米大統領=AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は21日、自らのツイッターで、イスラエルが占領するゴラン高原について「(占領から)52年が経過し、米国がイスラエルの主権を全面的に認める時だ」と表明した。25~26日にイスラエルのネタニヤフ首相との会談が予定されており、その際に正式に表明するものとみられる。トランプ氏による一方的な方針表明により、中東和平協議が後退するとの指摘が出ており、国際社会でトランプ政権への反発が強まるのは必至だ。

 ネタニヤフ氏は今月、米上院議員の一行をゴラン高原に案内し、「敵対するイランがシリア国内で影響力を高めている」などと説明。ゴラン高原の戦略上の重要性を訴え、主権承認の働きかけを強めていた。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  2. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです