メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

開校1年で休校へ 避難指示解除、福島・川俣町の山木屋小 5人が卒業

卒業証書を受け取る山木屋小学校の児童たち=福島県川俣町の同小で2019年3月22日午前10時9分、喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴い、避難指示が一時出された福島県川俣町山木屋地区で22日、昨春開校した山木屋小学校の卒業式があった。全校児童はこの日巣立った6年生5人だけで、新入生もいないため、同小は開校して1年で休校となる。ただ県教委は、年度途中でも通学希望者がいれば特例で学校を再開する方針。

 山木屋地区は2017年3月末で避難指示が解除され、小学校は昨年4月、小中一貫教育校「山木屋小中学校」として開校。旧山木屋小の校舎や体育館を大規模改修し、屋根付きプールなどを新設した。小学校高学年では、英語や算数の教科担任を置くなどユニークな教育を進めてきた。

 しかし、6年生5人以外に児童はおらず、町教委は今月末までに県教委に1年間の休校届を提出する。町教委によると、見学会などで校区外からの問い合わせもあるという。

 この日の午前10時、多目的ホールに並んだ6年生5人は1人ずつ名前を呼ばれると、「ハイッ」と元気よく返事をして斎藤仁道校長から卒業証書を受け取った。5人は「家族と友達に支えられた6年間。前に進む勇気を持てました」などと別れの言葉を述べた。

 避難地域にあった他の小学校は、臨時休業している浪江町の4小学校が、この春に休校となる。【柿沼秀行】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです