メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護施設に侵入し猫を虐待 防犯カメラに男の映像 三重・鈴鹿

 三重県鈴鹿市の野良猫を飼育する小屋に男が侵入し、猫を蹴飛とばしたり、首にひもをつけて引っ張ったりする様子が防犯カメラに記録されていた。同市内の動物愛護団体などから相談を受けた県警鈴鹿署は動物愛護法違反の疑いもあるとみて調べている。

 映像には8日夜、小屋に侵入した男が猫を蹴り上げる様子が映っていた。また16日午後には、男が生後約半年の子猫の首にひものようなものをくくりつけ、引きずりながらどこかへ連れ去るような様子が記録されていた。

 小屋は、動物の保護活動に取り組むNPO法人「グリーンNet」(武藤安子代表)の関係者らが十数年前か…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  2. 政府、新型肺炎を「指定感染症」に 28日にも武漢チャーター機 茂木外相「現地に560人」

  3. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです