メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再審無罪の免田さん、個人資料を熊本大に寄贈 来年公開

寄贈された資料の一部。免田さんは収監中、「私本閲覧許可」の印が押された週刊誌で押し花を作っていた=熊本市中央区の熊本大で2019年3月19日午後0時半、清水晃平撮影

 1983年に死刑確定囚として日本で初めて再審無罪となった免田栄さん(93)=福岡県大牟田市=が、再審請求の記録や獄中から家族や支援者らとやり取りをした手紙など、「免田事件」として知られるようになった冤罪(えんざい)事件の個人的な資料を熊本大学文書館(熊本市)に寄贈した。文書館は「問題を後世に伝える貴重な資料」として、来年3月までに一般公開を始める方針だ。

 資料は段ボール箱約20箱分。免田さん夫妻が自宅などで保管していたが、高齢で施設に入所したため散逸を…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文911文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです