メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在留外国人過去最多に、不法残留者は5年連続増 法務省

 法務省は22日、2018年末の在留外国人数が前年末比16万9245人(6.6%)増の273万1093人で、過去最多を更新したと発表した。技能実習生や留学生が増加した。今年1月1日現在の不法残留者数は1年前より7669人(11.5%)多い7万4167人で、5年連続の増加。

 在留外国人数を国籍・地域別にみると、多い順に(1)中国76万4720人(前年比4.6%増)(2)韓国44万9634人(同0.2%減)(3)ベトナム33万835人(同26.1%増)――などとなった。6位のネパール8万8951人(同11.1%増)…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです