メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性パートナーに初の在留特別許可 オーバーステイの退去処分取り消しに

国から在留特別許可を受け、記者会見する台湾人男性(手前左)と日本人のパートナー(同右)=東京都千代田区で2019年3月22日午後5時2分、渡部直樹撮影

 日本人の同性パートナーと暮らし、オーバーステイで退去強制処分を受けた40代の台湾人男性について、法務省は処分を取り消し、在留特別許可を与えた。男性と弁護団が22日、記者会見を開き明らかにした。弁護団によると、日本人の同性パートナーの外国人に在留特別許可が与えられたのは初めてとみられる。弁護団の永野靖弁護士は「同性のパートナーも法的に保護され得ると、国が認める流れのきっかけになる」と評価した。【藤沢美由紀】

 男性は日本語の勉強のために来日していた1993年、東京都内で出会った日本人男性と交際を始めた。いっ…

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1415文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
  3. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです