イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【アスレチックス-マリナーズ】大歓声に送られながらグラウンドを去るマリナーズのイチロー=東京ドームで2019年3月21日、玉城達郎撮影
【アスレチックス-マリナーズ】大歓声に送られながらグラウンドを去るマリナーズのイチロー=東京ドームで2019年3月21日、玉城達郎撮影

 米大リーグ通算3089安打のマリナーズのイチロー外野手(45)=本名・鈴木一朗=が21日、現役引退を発表した。東京都内で行われた記者会見の主な一問一答は、次の通り。

 ――今日は涙もなく、むしろ笑顔が多いように見える。この開幕シリーズが楽しかったということか?

 これも純粋に楽しいということではない。やはり、誰かの思いを背負うということはそれなりに重くて、そうやって一打席一打席立つことは簡単ではない。だから、すごく疲れた。やはり一本ヒットを打ちたかったし。応えたいというのは当然ですよね。僕は感情がないと思っている人はいるみたいだが、ある、意外とある。だから結果を残して最後を迎えられたら一番いいなと思っていたが、それはかなわなかった。それでもあんなに球場に残ってくれて。そうしないですが、死んでもいいという気持ちはこういうことだろうなと。死なないですけど。そういう表現をするのはこういうときだろうなと思った。

 ――最低50歳まで現役と公言していたが、日本のプロ野球に戻ってきてプレーする選択肢はなかったのか?

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1709文字)

あわせて読みたい

ニュース特集