メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堂安、中島、南野攻め立てるも後半劣勢に サッカー日本代表

【日本-コロンビア】前半、ミドルシュートを放つ南野(右)=日産スタジアムで2019年3月22日、長谷川直亮撮影

国際親善試合

 ●日本0-1コロンビア○(22日、横浜・日産スタジアム)

 昨夏のW杯ロシア大会以来の再戦となった強豪・コロンビアを相手に、日本は前半から果敢に攻め続けた。しかし、次第に相手の圧力に押し込まれた。

 これまで攻守の柱を担ってきた大迫、吉田、酒井宏は不在。日本代表の森保監督は「チームとして経験値を上げ、日本代表の選手層を厚くする」と期待を込め、多くの新戦力を加えて臨んだが、…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです