メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

表彰式を終えて記念撮影に応じる優勝のアリーナ・ザギトワ(中央)、2位のエリザベト・トゥルシンバエワ、3位のエフゲニア・メドベージェワ=さいたまスーパーアリーナで2019年3月22日、宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートの世界選手権は第3日の22日、さいたまスーパーアリーナで女子フリーが行われ、SP3位のエリザベト・トゥルシンバエワ(カザフスタン)は148.80点、合計224.76点で2位だった。

 冒頭で大技の4回転サルコウをしっかりと着氷すると、場内は大きくどよめいた。シニア女子では初の成功者となったトゥルシンバエワ。「信じられない。着氷した時はとても気持ちがよくて、自分もできるんだと思った」と素直に喜んだ。

 しかも自己最高得点を大幅に更新して、カザフスタンの女子で初のメダリストになった。「メダルは想定外。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです