メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ロシア疑惑 捜査終結 トランプ陣営、新たな起訴なし

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる2016年米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑を捜査してきたモラー特別検察官は22日、捜査報告書をバー司法長官に提出した。17年5月から続いた疑惑捜査は正式に終結し、大きな節目を迎えた。報告書の概要は近く、議会に通知される見通しだ。報告書は議会がトランプ大統領の弾劾・罷免の可否を検討する判断材料となるため、どこまで公表されるかが今後の焦点となる。

 政権から独立した立場で疑惑捜査にあたる特別検察官に指名されたモラー氏は、トランプ陣営とロシアとの「…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文844文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです