メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

復興鉄路つながった 8年ぶり宮古-釜石、三陸鉄道に

 東日本大震災の津波で不通になっていた岩手県沿岸部のJR山田線宮古-釜石間(55・4キロ)が23日、第三セクターの三陸鉄道(三鉄)に経営移管され、8年ぶりに同区間での運行を再開した。同区間を南北に挟んで三鉄の「南リアス線」(釜石-盛)、「北リアス線」(久慈-宮古)とつながり、全区間を「リアス線」と改称。第三セクターでは最長となる全長163キロの路線が誕生した。【佐藤慶、小鍜冶孝志】

 同県釜石市の釜石駅で午前11時前に始まった出発式には、中村一郎社長や達増(たっそ)拓也知事、渡辺博…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです