メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 宮城・気仙沼大島大橋 島が島でなくなる日まで

気仙沼大島大橋のそばで、手こぎで船を片付ける小松達雄さん(73)。祖父から引き継いだ漁場は車の入れない細い山道を下った先にあり、小松さんは15年以上前に遠洋漁業を引退した後、この小さな浜でただ一人、ワカメやコンブなどの養殖を続けてきた。「後継ぎはいない。俺の代で終わりだ」=3月

 風光明媚(めいび)な漁業の島として知られる宮城県気仙沼市の大島と本土を結ぶ「気仙沼大島大橋」(全長356メートル)が4月7日に開通する。これまで島の生活は船により支えられてきたが、東日本大震災では一時孤立状態に陥るなど、「島」だからこその苦難にも見舞われた。

 東北最大の有人島である大島で、架橋を求める動きが始まったのは1950年代。67年には県の計画に盛り込まれたが、「自然が荒らされる」などと反対する住民も少なくなく、長年停滞してきた。

 しかし、60年代に5500人を超えた島の人口は2011年には約3200人まで減少。「大島汽船」の定…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです