メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外為・株式

NY市場 ダウ460ドル安 長短金利逆転 投資家心理悪化

 【ワシントン中井正裕】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、世界的な景気減速懸念の強まりを受けて大幅に反落し、前日比460・19ドル安の2万5502・32ドルで取引を終えた。米国や欧州の製造業関連の景気指数が低下したほか、米債券市場で景気後退の兆候とされる短期金利と長期金利の逆転が2007年以来、約11年半ぶりに発生したことで投資家心理が悪化した。下落幅は1月3日(660ドル)以来の大きさだっ…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです