メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

被災者励ますイチロー NGO通じ熊本地震にも

 「人は必ず障害に出会う。そこで頑張れる人間になりたい」。21日に引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)=本名・鈴木一朗=は、阪神大震災があった翌年の1996年末、被災した仮設住民らに励ましの年賀メッセージを送った。メッセージは、仲介に当たったNGOを通じてその後、東日本大震災(2011年)や熊本地震(16年)の被災地の子どもたちにも届けられた。NGO理事長の瓜谷幸孝さん(71)=神戸市垂水区=は「多くの人を勇気づけてくれた。引き際が潔い。長年お疲れ様でした」と語った。

 瓜谷さんは貿易業の傍ら、神戸市のNGO「アジア・アフリカ環境協力センター」(アセック)の理事長を務…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1075文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです