メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県教委 県立学校、教職員645人異動 過去10年で最少 /栃木

 県教委は22日、2019年度の県立学校(高校、特別支援学校など)の教職員人事(4月1日付)を発表した。異動者の総数は645人(前年度比55人減)で、退職者の減少などで過去10年で最少となった。管理職では若手の登用を進めたが、女性は減少した。

 異動規模は、校長20人(前年度29人)▽教頭45人(同42人)▽一般教員362人(同373人)▽退職者99人(同118人)▽新規採用者119人(同138人)。

 管理職には若手を積極的に配置し、新任校長の平均年齢は55・3歳(同56・1歳)と過去10年で最も若…

この記事は有料記事です。

残り9306文字(全文9557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです