メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県教委 県立学校、教職員645人異動 過去10年で最少 /栃木

 県教委は22日、2019年度の県立学校(高校、特別支援学校など)の教職員人事(4月1日付)を発表した。異動者の総数は645人(前年度比55人減)で、退職者の減少などで過去10年で最少となった。管理職では若手の登用を進めたが、女性は減少した。

 異動規模は、校長20人(前年度29人)▽教頭45人(同42人)▽一般教員362人(同373人)▽退職者99人(同118人)▽新規採用者119人(同138人)。

 管理職には若手を積極的に配置し、新任校長の平均年齢は55・3歳(同56・1歳)と過去10年で最も若…

この記事は有料記事です。

残り9306文字(全文9557文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです