特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-阿久津主税八段 第40局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

疲労がにじむ

 図から「[後]2四同歩と取るんでしたか?」と阿久津の感想もあったが、本譜は入玉をもくろんだ[後]1三玉だった。何とも力強い玉上がりだ。

 「[後]1三玉は指しづらいかなと思っていたのですが良い手だったと思います」と稲葉は言う。阿久津は金銀のスクラムで先手の攻撃陣を逆に押す勢いを見せている。

 途中図から[先]6六角と合わせる手も感想戦で出たが、[後]同角[先]同銀[後]2五歩[先]2九飛と進んで後手からは[後]3八角や[後]3六歩などの手段があり、先手からの攻めの手段が難しく、先手の苦戦は免れないという。途中図から[先]5五歩[後]同角[先]4六歩と進んだ局面で、阿久津が残り1時間を切った。局面の模様が良さそうな阿久津の表情をうかがうと、まるで長距離運転のドライバーが必死に睡魔と闘っ…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文755文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集