メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

日露合作「ソローキンの見た桜」上映中 俳優陣、創価大で交流 「良い映画作る気持ちは一緒」 /東京

 22日に全国公開された日露合作映画「ソローキンの見た桜」に出演したロシアの俳優陣が同日、創価大(八王子市)で学生との交流会に臨んだ。主演のロデオン・ガリュチェンコさん(31)は「両国の俳優の文化に違いはありましたか」と質問され「違いはありません。良い映画を作りたいという気持ちは一緒です」と丁寧に答えていた。

 映画の舞台は、日露戦争当時、松山市につくられたロシア兵捕虜収容所。ロシア人将校と日本人看護師との出…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです