金沢市議会

眺望条例案など可決して閉会 /石川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 金沢市議会3月定例会は22日、総額1721億円の2019年度一般会計当初予算案を可決し、閉会した。建物などの修景整備支援制度を設ける眺望景観形成条例案や、町家の保全・活用推進のため改修・解体前に届け出を求める条例改正案も可決した。

 また、新副市長に、市スポーツ事業団理事長の相川一郎氏(61)と、防衛省日米同盟調整企画官の村山卓…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集