メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演会

忍野八海再興させた「大我講」 先達・大寄友右衛門、跡をたどる /山梨

 国際的観光地としてにぎわう忍野八海(忍野村)を江戸末期に再興させた富士講「大我講(たいがこう)」(現在の市川三郷町を中心とする富士川沿線などの峡南地方)の先達・大寄(おおより)友(とも)右衛(え)門(もん)の跡をたどる講演会が17日、富士吉田市の「ふじさんミュージアム」で開かれた。

 講師は友右衛門の5代子孫で元日本工業大非常勤講師の大…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです