メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県議会

指定金融機関、大垣共立案を承認 可決し閉会 /岐阜

 県議会は22日、県の公金収納や支払い事務を取り扱う「指定金融機関」について、2020年4月からの5年間も大垣共立銀行を指定する承認案を可決した。十六銀行への交代案を否決、県から代替案が提出されていた。

 県は当初、大垣共立銀行と十六銀行を5年ごと交互に指定する案を議会に提出、20年4月から十六銀行に変更する方針だった。だが最大会派の県政自民クラブが反対し、承認案は18日に否決された。

 県議会総務常任委員会は20日、代替案を全会一致で可決。この日の本会議採決でも退席棄権した公明2人を…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文599文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです