メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刈谷市歴史博物館

刈谷城と城下町、ジオラマで再現 あすオープン /愛知

 刈谷市が同市逢妻町に建設を進めていた市歴史博物館が24日にオープンする。

 鉄筋コンクリート2階建て、延べ床面積4278平方メートル。総事業費約34億円。市内で遺跡が発掘された縄文時代から水野勝成が初代刈谷藩主を務めた江戸時代、近代までを伝える「歴史ひろば」(2階)のほか、県や市の有形・無形民俗文化財に指定されている「万燈祭」「野田…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. フォーカス 香取慎吾 ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」万丞渉役 SNSとの距離考え

  4. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです