メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもは社会の鏡

悲しみ、繰り返さぬよう

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

見えない思春期のいじめ

 長らくコラムを書かせていただきましたが、今回が最終回となりました。長い間のご愛読ありがとうございました。

 私はいろんな人から、「なぜ、学校事故やいじめ問題に深く関わるようになったのか」とよく聞かれます。今回はそのことについて書きたいと思います。

 私の娘は小学校の低学年で、クラスの女子児童らから約半年間にわたって仲間はずれにされるなどのいじめを受けました。しかし幸い、娘の様子のおかしさに私は気づくことができ、いじめの事実を知り、娘と相談しながら、学校とも交渉し、他の保護者の協力も得て、解決できました。

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです