メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県 南予地方局に「復興監」 1350人異動と組織改編 /愛媛

 県は22日、2019年度の定期人事異動(4月1日付)と組織改編を発表した。異動規模は1350人(前年1377人)。

 昨年7月の西日本豪雨災害で甚大な被害を受けた南予地域の復興・復旧に向けて体制を強化。南予地方局産業経済部に、農業土木、林業をそれぞれ担当する「復興監」(課長級)を設け、農村整備課と森林林業課に新設する「復興グループ」を指揮監督する。また、河川や砂防施設の復旧工事や、肱川水系治水対策の10年前倒し実施に集中的に取り組むため、同局建設部河川港湾課と西予土木事務所建設課に「災害グループ」を、大洲土木事務所河川港湾課に「肱川・久米川激甚災害グループ」を設ける。

 また、東京五輪の事前合宿誘致や日本スポーツマスターズ2020愛媛大会の開催準備などに取り組む「オリパラ・マスターズ推進室」を地域スポーツ課に設置する。

この記事は有料記事です。

残り2170文字(全文2533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです