メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

長崎市 907人異動 移住者増加へ「支援室」創設 /長崎

 長崎市は22日、907人の人事異動(4月1日付)を発表した。新たに課長補佐や主任を設置したため例年より大幅に多かった昨年に比べ、異動総数は587人減った。

 部長級では、企画財政部長に片岡研之・商工部長、定年退職する中村明俊・原爆資料館長の後任に大久保一哉・同館次長兼平和推進課長兼平和会館長が就く。

 組織改編では、移住者増加を図るため企画財政部に「移住支援室」を創設。消費増税対策のプレミアム付き商品券発行業務を担う担当部署を商工部に設置する。

 新たに30代で係長となる職員は昨年の8人から15人に増加し、そのうち女性は0人から6人に増えた。【…

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1389文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです