メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

古関裕而って誰? 来春の朝ドラ主人公モデル 「六甲おろし」など作曲=回答・屋代尚則

作曲家の古関裕而(右)と妻の金子(きんこ)=福島市古関裕而記念館提供

 なるほドリ 来年春に始まるNHK連続テレビ小説は、実在した作曲家がモデルって聞いたよ。どんな人だろう?

 記者 福島市出身の作曲家、古関裕而(こせきゆうじ)のことですね。1909(明治42)年に生まれ、10歳の時には卓上ピアノで作曲を始めたそうです。地元の銀行に就職しますが、手がけた曲が「赤とんぼ」などの作曲家、山田耕筰(やまだこうさく)に認められ、30(昭和5)年にレコード会社専属の作曲家として上京しました。以来、「雲はわき 光あふれて……」の歌詞で始まる夏の全国高校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」や、64(昭和39)年東京五輪の行進曲「オリンピック・マーチ」、ザ・ピーナッツの「モスラの歌」など、89…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです