メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

苦渋の英離脱延期 合意案否決なら4月12日

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)は21日(日本時間22日未明)の首脳会議で、29日に控えた英国の離脱延期を認めることで合意した。英下院が来週、離脱合意案を可決すれば5月22日まで、否決なら4月12日を期限とした。英国のメイ首相もこれを了承した。合意案を英下院がどう判断するかは不透明で、先延ばしされたもののEUとの「合意なき離脱」の可能性も依然残されている。

 メイ氏は首脳会議で、下院での合意案可決を前提に6月末までの延期を正式に要請し、5月23日に始まる欧州議会選挙には、参加しない方針を伝えた。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです