連載

プーチンのロシア

プーチン氏の大統領就任を前に、ロシアを取り巻く課題や状況を分析する。

連載一覧

プーチンのロシア

ウクライナ危機5年/6 「欧州の一員」高い壁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 石畳の道が続く街中は東欧の国々を思わせるたたずまいだ。ウクライナ西部の主要都市リビウは「欧州への玄関口」と呼ばれる。「政府の投資プログラムが成果を出してきた。昨年のリビウ州への対外直接投資額は前年から2倍にも増えた。1位はポーランドで2位はキプロス。3位はドイツだ」。州政府の投資部門を率いるロマン・マティス氏(40)は、欧州との関係拡大の手応えを強調した。

 ロシアと欧州の間で揺れてきたウクライナは、2014年のロシアによるクリミア強制編入後、欧州寄りの政策への傾斜を強めた。今年2月に憲法を改正し、欧州への統合路線を目指す方針を明記。ポロシェンコ大統領は今月18日、欧州連合(EU)と23年に加盟交渉を始めると宣言した。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1216文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集