メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長期金利

低下進む 2年4カ月ぶり、マイナス0.075%

 22日の東京債券市場は、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが前営業日(20日)終値比0・035ポイント低い(債券価格は上昇)マイナス0・075%まで低下して大方の取引を終えた。2016年11月以来、約2年4カ月ぶりの低水準となった。この日は一時、マイナス0・08%まで下がる場面もあった。20日の米連邦準備制度理事会(FRB)が市場の想定以上に利上げに慎重だったことを受け、安全資産とされる国債を買う動きが世界的に強まった。

 米国経済の減速懸念が強まり、21日のニューヨーク市場では米長期金利が一時、1年2カ月ぶりの低水準と…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです