メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プラスチック危機

紙おむつ下水処理に懸念の声

おむつリサイクルのためのオゾン処理施設=鹿児島県志布市提供

 高齢化の進展に伴い、増加する使用済み紙おむつの処分が課題となっている。国土交通省はおむつを破砕し下水へ流す方法も検討しているが、原料の多くはプラスチック。専門家からマイクロプラスチック(MP)による海洋汚染を懸念する声が出ている。

 ●22年度までに指針

 国交省が2月に公表した推計によると、おむつの使用人口は現在の661万人から2040年は779万人に増加、使用量は年間142億枚になる。介護関連施設などへのアンケート調査では「収集場所への運搬」が大きな負担となっていた。水分を多量に含む使用済みおむつは燃えにくく、焼却炉を傷めることや温室効果ガスを発生させることも問題となる。

 こうした現状を踏まえ、国交省は22年度までのガイドライン作成を目標に、下水を利用したおむつの処分方…

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1531文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです