メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
プラスチック危機

紙おむつ下水処理に懸念の声

おむつリサイクルのためのオゾン処理施設=鹿児島県志布市提供

 高齢化の進展に伴い、増加する使用済み紙おむつの処分が課題となっている。国土交通省はおむつを破砕し下水へ流す方法も検討しているが、原料の多くはプラスチック。専門家からマイクロプラスチック(MP)による海洋汚染を懸念する声が出ている。

 ●22年度までに指針

 国交省が2月に公表した推計によると、おむつの使用人口は現在の661万人から2040年は779万人に増加、使用量は年間142億枚になる。介護関連施設などへのアンケート調査では「収集場所への運搬」が大きな負担となっていた。水分を多量に含む使用済みおむつは燃えにくく、焼却炉を傷めることや温室効果ガスを発生させることも問題となる。

 こうした現状を踏まえ、国交省は22年度までのガイドライン作成を目標に、下水を利用したおむつの処分方…

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです