メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/8止 「独学」や「経験」が支えに

足腰が弱り。椅子から車椅子に移るだけでも職員の介助が必要な人は少なくない=群馬県高崎市で

 「認知症ケア専門士」。渡された名刺には、そう印字されていた。群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」に勤める職員の一人、登坂庸平さんが2015年、独学で取得した資格だ。

 「障害者の認知症について、以前は何の知識もなかった」と、登坂さんは振り返る。生活のリズムが昼夜逆転した人。食事や入浴を急に拒み出した人。自分でできた着替えや片付けができなくなった人。入所者が年を重ねていくにつれて、「人柄が変わったような言動をする人が増えている」感触はあった。だが、「当初は認知症とは思わず、『不適応行動』の一つという見方をしていた」。

 入所者の高齢化問題に携わってきた古川慎治・事業企画部次長によると、園で入所者の老いが注目され始めたのは、介護棟ができた1989年ごろから。老化に伴って視力や筋力が落ち、免疫機能も低下して病気になりやすくなった人たちが出たためだった。認知症発症状況の実態調査に乗り出したのは、それから20年ほど後。「国内では長らく、医療・福祉関係者ですら知的障害者も認知症になるという認識がなかったことが大きな理由」…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. コロナ感染、労災「全て認定」 異例の対応の背景とは

  3. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  4. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

  5. スタバ、冷たい飲料の一部容器を紙製に プラごみ削減で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです