メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

「引っ越し難民」の社会問題化 今回のゲスト 刈屋大輔さん

対談する青山ロジスティクス総合研究所の刈屋大輔代表(右)とジャーナリストの森健さん=東京都千代田区で

 進学や就職、転勤などで大移動の季節だ。しかし料金や日程などが希望通りにならない「引っ越し難民」が社会問題化している。物流全体が危機的な状況、との指摘もある。森健さんがジャーナリストで青山ロジスティクス総合研究所代表取締役の刈屋大輔さんを招き、現状を分析し打開策を探った。【構成・栗原俊雄、撮影・内藤絵美】

この記事は有料記事です。

残り3129文字(全文3282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです