メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

能楽狂言方大蔵流・茂山あきらさん 能の見方変えたベケット

=大阪市北区で、梅田麻衣子撮影

 「僕が一番変わったのは、ベケットとの出会いなんです」

 京都を拠点とする能楽狂言方大蔵流、茂山あきらさん(66)は、茂山千五郎家の一員として古典狂言の舞台に立ちつつ、新作狂言の上演やオペラの演出などにも積極的に取り組む。「ゴドーを待ちながら」などの不条理演劇で知られるフランスの劇作家、サミュエル・ベケットの作品を通じて、能や狂言の可能性を再発見したと振り返る。

 四世茂山千作(1919~2013年)との兄弟コンビで多彩な活動を続け、戦後の狂言復興に大きな功績を…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1537文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. 恩人 捜しています 借りた飛行機代で帰郷 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです