メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 紀平4位、連勝止まる 坂本5位、宮原6位

4位に入った紀平のフリーの演技=佐々木順一撮影

 フィギュアスケートの世界選手権は第3日の22日、さいたまスーパーアリーナで女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)7位の紀平梨花(関大KFSC)はフリー152・59点、合計223・49点で4位だった。今季の国際大会の連勝は6で止まった。日本勢はこの紀平が最高で、SP2位の坂本花織(シスメックス)はフリー145・97点、合計222・83点で5位。宮原知子(関大)は6位だった。アリーナ・ザギトワ(ロシア)がSPから首位を守り、合計237・50点で初優勝した。シニア女子で初めての4回転ジャンプを成功させたエリザベト・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が2位となって同国女子初のメダルを獲得した。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が3位だった。

 日本は上位2人の順位合計が「13」以内となり、カナダ・モントリオールでの来年大会の出場枠最大3を確…

この記事は有料記事です。

残り3314文字(全文3688文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです