メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

スーパーラグビー サンウルブズを除外 参加費折り合わず 低迷、勝率は2割未満

サンウルブズのスーパーラグビー除外について説明する日本ラグビー協会の坂本典幸専務理事(右)ら=谷口拓未撮影

 日本ラグビー協会は22日、東京都内で記者会見し、SRの主催者側から求められた追加の金銭負担などについて、「不均衡で合理的でない」と拒否したことを明らかにした。

 SRの主催者側は放映権料の増額を視野に、21年以降は現行の15チームから14チームに減らして総当たり戦に移行する計画。過去3シーズンで計6勝という成績不振や相手チームの日本への遠征負担が大きいことなどを理由に削減対象とした。

 主催者側は、大会方式変更による放映権料増額分の補填(ほてん)▽現在は支出していない相手チームの日本…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです