メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第2部 恩師が語る高校時代/5 FB松島を「大人」にした 藤原秀之監督

 ◆藤原秀之監督(51)=桐蔭学園高

状況判断の大切さ助言

 巧みなステップで相手の防御を切り裂くFB松島幸太朗(26)=サントリー=は、神奈川・桐蔭学園高時代に藤原秀之監督(51)とともに過ごした3年間で、「大人」の選手へと変貌を遂げた。

 藤原監督は今でも初めて松島のプレーを見た日を鮮明に覚えている。大阪・花園での中学生のラグビー大会。松島はボールを受けると、タッチラインまでわずかなすき間をぬい、1対1となった相手を簡単に置き去りにした。「手を触れさせもせずに抜き去るバネ。ただ者ではないと直感した」。藤原監督にとっても、未知の衝撃だった。

 高校入学後はFBとして、状況判断などについて助言することが多かったという。自分が相手を抜けないとイ…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです