メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・八王子の少年死亡

障害者逸失利益2200万円 施設側に賠償命令 東京地裁判決

 知的障害のある少年が入所施設から抜け出して亡くなり、将来得られたはずの収入を算定する「逸失利益」の有無が争われた訴訟で、22日の東京地裁判決(田中秀幸裁判長)は約2200万円の逸失利益を認めた。地裁は施設側に慰謝料を含め計約5200万円の賠償を命じた。

     亡くなった松沢和真さん(当時15歳)は、社会福祉法人藤倉学園運営の東京都八王子市の施設にいた2015年9月に施設から行方不明になり、約2カ月後に遺体で見つかった。両親は訴訟で、施設側に逸失利益約7400万円を含む約1億1400万円を請求し、施設側は「逸失利益はゼロ」と反論していた。

     判決はまず「障害者雇用政策は大きな転換期を迎え、知的障害者の就労の可能性を否定するのは相当ではない」と指摘。その上で和真さんの知識習得能力などを踏まえ、「特定分野では優れた稼働能力を発揮する可能性があった」とした。

     逸失利益の算定を巡り、両親側は全年齢の男性の平均賃金を基にすべきだと主張。これに対し、判決は障害者と健常者の間に賃金格差がある現状などから19歳までの男女の平均賃金を基礎とした。

     原告側弁護団によると、同種訴訟の逸失利益算定では、知的障害者の発達の不確実性などから平均賃金を一部減額していたが、全額を認めるのは異例という。判決後、記者会見した父親の正美さん(62)は「判決は主張をくみ込んでくれており、受け入れたい」と語った。藤倉学園の橋本進常務理事は「ご冥福を祈ります」とコメントした。【服部陽】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです