メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・八王子の少年死亡

障害者逸失利益2200万円 施設側に賠償命令 東京地裁判決

 知的障害のある少年が入所施設から抜け出して亡くなり、将来得られたはずの収入を算定する「逸失利益」の有無が争われた訴訟で、22日の東京地裁判決(田中秀幸裁判長)は約2200万円の逸失利益を認めた。地裁は施設側に慰謝料を含め計約5200万円の賠償を命じた。

 亡くなった松沢和真さん(当時15歳)は、社会福祉法人藤倉学園運営の東京都八王子市の施設にいた2015年9月に施設から行方不明になり、約2カ月後に遺体で見つかった。両親は訴訟で、施設側に逸失利益約7400万円を含む約1億1400万円を請求し、施設…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです