メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消防ロボット

大規模火災にAI 監視・放水連携で作業

 人工知能(AI)を搭載し、大規模な石油コンビナート火災などに対応する消防ロボットシステムが4月、千葉県市原市に導入される。総務省消防庁が5年がかりで民間企業や大学と開発した。導入は全国初となる。

 大規模火災では現場に消防隊員が近づけない恐れがあり、地上と上空から状況を確認する地上走行タイプとドローンタイプの「偵察・監視ロボ」2機の情報を基に放水場所へのルートを指令システムが自動で提案。ホ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  2. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです