メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 紀平4位 連勝ストップ

 フィギュアスケートの世界選手権は第3日の22日、さいたまスーパーアリーナで女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)7位の紀平梨花(関大KFSC)はフリー152・59点、合計223・49点で4位だった。今季の国際大会の連勝は6で止まった。日本勢はこの紀平が最高で、SP2位の坂本花織(シスメックス)はフリー145・97点、合計222・83点で5位。宮原知子(関大)は6位だった。アリーナ・ザギトワ(ロシア)がSPから首位を守り、合計237・50点で初優勝した。シニア女子で初めての4回転ジャンプを成功させたエリザベト・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が2位となって同国女子初のメダルを獲得した。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が3位だった。

 日本は上位2人の順位合計が「13」以内となり、カナダ・モントリオールでの来年大会の出場枠最大3を確…

この記事は有料記事です。

残り2946文字(全文3320文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです