モスクワ 茶室でおもてなし 「日露交流年」文化事業

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
特設された茶室でお茶を振る舞われた来訪者たち=モスクワで2019年3月22日、大前仁撮影
特設された茶室でお茶を振る舞われた来訪者たち=モスクワで2019年3月22日、大前仁撮影

 【モスクワ大前仁】冬の終わりを迎えつつあるモスクワで22日、日本文化を紹介するイベントの一環として、特設された茶室でお茶が振る舞われた。

 日露両政府は今年を「日露交流年」として文化交流事業を進めており、今回は日本から空輸した機材を使いモスクワ市内の植物園の一角に茶室を設置。お茶や和菓子で来訪者をも…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

あわせて読みたい

注目の特集