メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モスクワ 茶室でおもてなし 「日露交流年」文化事業

特設された茶室でお茶を振る舞われた来訪者たち=モスクワで2019年3月22日、大前仁撮影

 【モスクワ大前仁】冬の終わりを迎えつつあるモスクワで22日、日本文化を紹介するイベントの一環として、特設された茶室でお茶が振る舞われた。

 日露両政府は今年を「日露交流年」として文化交流事業を進めており、今回は日本から空輸した機材を使いモスクワ市内の植物園の一角に茶室を設置。お茶や和菓子で来訪者をも…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです