メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「シリアのIS、100%制圧」 米とクルド部隊が宣言

 【ワシントン会川晴之、カイロ篠田航一】トランプ米大統領は22日、シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)が支配する地域を「100%制圧した」と発表した。米軍の支援を受けるクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)も23日、IS残党の最後の拠点だったシリア東部バグズ村を「解放した」と表明。ISが「建国」を宣言した2014年から続いた米国の掃討作戦は大きな節目を迎え、トランプ氏は米軍の撤収を加速させるとみられる。ただ、ISは支配地域を失っても残存勢力による「拡散」が懸念されており、テロの脅威は依然として残ったままだ。

 トランプ氏は昨年12月、「ISを打倒した」として突然シリアからの米軍撤収を表明。だがこの時も実際に…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです