メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜島大噴火時 中心市街地対応計画を公表 鹿児島市

桜島=鹿児島市で2015年8月、本社ヘリから山下恭二撮影

 鹿児島市は22日、桜島が大噴火して同市中心部に大量の軽石や火山灰が降り積もった際の住民避難などについてまとめた対応計画を公表した。中心市街地にまで大量降灰被害が及ぶと想定した計画は初めてで、市は地域防災計画に盛り込む。

 計画では1914(大正3)年に58人の死者・行方不明者が出た「大正噴火」級の噴火が起きた場合の被害範囲を予測。夏場に大噴火があれば、風向き次第でJR鹿児島中央駅や天文館がある中心市街地にも大量の軽石・火山灰が降り積もる可能性があるとした。

 その上で、気象庁が現在3(入山規制)の噴火警戒レベルを4(避難準備)に引き上げた時点で風向きなどに…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです