メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボットで駿河湾生物調査 海中で映像を撮影 東海大など研究チーム

駿河湾の調査に使われたAUV「Tuna-Sand2」=東海大海洋学部・渡辺啓介研究室提供

 東海大などの研究チームは、自律型水中ロボット(AUV)を使った生物調査を駿河湾で初めて行った。調査を主導した同大海洋学部の渡辺啓介准教授によると、駿河湾深海の生態系は未解明の部分が多く、海中を移動しながら撮影できるAUVを使用することで、枯渇が懸念されるサクラエビなどの生物資源の調査に役立つとしている。【高場悠】

 調査は3月12日と15日の2回、興津川の河口沖約1キロ、水深約250メートルの場所で、東京大と九州…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです