メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボットで駿河湾生物調査 海中で映像を撮影 東海大など研究チーム

駿河湾の調査に使われたAUV「Tuna-Sand2」=東海大海洋学部・渡辺啓介研究室提供

 東海大などの研究チームは、自律型水中ロボット(AUV)を使った生物調査を駿河湾で初めて行った。調査を主導した同大海洋学部の渡辺啓介准教授によると、駿河湾深海の生態系は未解明の部分が多く、海中を移動しながら撮影できるAUVを使用することで、枯渇が懸念されるサクラエビなどの生物資源の調査に役立つとしている。【高場悠】

 調査は3月12日と15日の2回、興津川の河口沖約1キロ、水深約250メートルの場所で、東京大と九州工業大の共同研究で開発されたAUV「Tuna―Sand2」を使って行われた。ロボットはあらかじめプログラミングされたルートを移動し、海中で映像を撮影したほか、水温や塩分濃度などのデータも採取した。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです