メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種のタカ営巣域保全勧告 三重県がメガソーラー業者に

サシバの営巣場所がある東エリアの一部=三重県四日市市で2019年3月12日、松本宣良撮影

 三重県四日市市の南西部に広がる里山で計画されているメガソーラー事業を巡り、県が先月、計画地に営巣する絶滅危惧種のタカ「サシバ」の生息に支障を及ぼす恐れがあるとして、営巣木を含む樹林帯20ヘクタール以上を残すことなどを開発業者に勧告した。県自然環境保全条例に基づく異例の行政措置で、サシバが絶滅の恐れのある種のうち、特に保護が必要な県希少野生動植物種に追加指定されたことが影響したとみられる。

 対象事業は、「四日市足見川メガソーラー合同会社」(東京)が同市波木町など3地区にまたがる足見川沿いの丘陵地約98ヘクタールに計画している発電規模約50メガワットの太陽光発電施設。計画地は南北に走る県道を挟んで東西に大別され、約6割を占める東エリアの南側にサシバの営巣木がある。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです